借金・過払い金

借金・過払金など

借入金額が大きくなってしまい利息だけの返済も難しい。

債権者から電話がかかってきているがもう自分だけでは対応することができない。 などの状況になってしまうと、日常生活にも支障が出てしまい、生活を安定することはとても困難です。

借金の問題は、時間が経てば経つほど利息も膨らみ選べる手段が少なくなってしまいます。

ご相談の意向に沿った解決方法をご提案いたします。
お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

借金整理の方法について

任意整理

弁護士が債権者と個別の交渉し、返済方法を変更してもらう方法です。
原則として元本を分割して返済することになります。
返済回数としては毎月36回払いの返済から毎月60回払いの返済で合意するケースが多いです。
裁判所は関与せずに弁護士が債権者各社と交渉して合意を目指すことになります。
取引期間が長期の場合には払いすぎた金額を逆に返してもらうこともあります。
弁護士であれば金額の制限なく代理人として交渉することができます。

個人再生

住宅ローンはそのまま返済して住宅を残しながら、その他の借金を最大5分の1までに圧縮して原則3年間(場合によっては5年間)で分割して返済し、残りは免除してもらえる制度です。
住宅ローンがない場合にも、もちろん利用することができます。 自己破産が認められない方でも利用することができます。
裁判所に申し立てをすることになります。

自己破産

借金を返済する義務を免除してもらい、事実上借金をゼロにする方法です。
裁判所に申し立てをすることになります。

借金問題に関するよくある質問

 Q:債権者から連絡が来て困っているのですが、依頼をしたらすぐに連絡は止まるのでしょうか。
A:ご依頼いただければ、債権者に弁護士名で受任届を発送します。以後の債権者からの連絡は止まります。もし債権者から連絡があった場合には弁護士名と当事務所の連絡先を伝えていただければ、以後の連絡は止まります。


 Q:自己破産か個人再生のどちらにするべきか迷っています。
A:借金をすることになった理由がギャンブルや浪費などの場合には自己破産が認められない場合があります。ご相談をいただいた際にどの方法が最もふさわしいか提案いたします。


 Q:個人再生や自己破産では自動車を手放さなくてはならないのでしょうか。
A:自動車の年式や、ローンがあるかによって状況は変わってきます。弁護士に自動車の車検証や自動車ローンの契約書をお持ちいただきご相談ください。


 Q:最初は債務整理を考えて依頼していましたが、途中で他の個人再生や自己破産に変更をすることができますか。
A:可能です。ただし、実費増額分と別の方法に依頼した場合との差額をいただきます。


 Q:住宅ローンの返済をそのまま続けて、家を手放さないようにしたいのですが、必ず個人再生を利用することができるのでしょうか。
A:すべての債権者の半数以上から異議が出されたり、債権額の過半数をもつ債権者から異議が出されると個人再生は認めらないことになります。
また、住宅ローンよりも住宅の価値が大きいと、その差額を債権者に支払っていかなくてはなりません(例えば住宅の価値が2000万円で住宅ローンが1000万円ですと1000万円は3年間から5年間で住宅ローン以外の債権者に支払っていかなければならないことになります。)。
そのため、住宅の価値がローンと比べてどの位であるのかが重要となります。住宅ローンの不動産に住宅ローン以外の抵当権があると個人再生手続が選択できない場合もありますので、不動産の登記状況も確認する必要があります。